スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント:(-) トラックバック:(-)
tag :

2016-11-07 百石山(小国町伊佐領)に登ってみました。

2016年11月07日 今日は朝から素晴らしい快晴。
こんな日は山に登りたい。
そこで先日、飯豊朝日連峰の登山者情報で見て気になっていた山
10月25日小国山岳会の方達により登山道の刈り払いがされた
小国町伊佐領の百石山に登ってみることにしました。

飯豊朝日連峰の登山者情報
第2002号 2016年10月25日 百石山の刈払い 
 
行く前に、こちらのページも参考にさせて頂きました。

新潟県村上岩船の登山サークル
山賊会さんのページ 秋の百石山598m

20161107_0001 

展望台クリックから見る飯豊連峰は白くなってました。
(クリックで拡大なります、拡大画像の左上の矢印入りのアイコンでより拡大 画面ダブルクリックで戻ります。)
20161107_0002 

伊佐領駅 なかなか格好良い駅舎です。
車で行ったので直接関係は無いのですが、評判が良い駅舎なので見て来ました。
20161107_0003 

駅前から正面に百石山が見えてます。
20161107_0004 

旧小国町立伊佐領小学校跡地で、左手から回り込んで上ると駐車場になります。
20161107_0005 

門柱にしっかり名盤が残ってます。
20161107_0006 

砂防堰堤用に整備された道路でしょうか、初めはこの道路を登って行きます。
20161107_0007 

少し行くと左手に導標柱が見えてきました。
20161107_0008 

最初の導標柱から左に入っていきます。
20161107_0009 

次の導標柱で右に行きます、
20161107_0010 

しばらく杉林の中の緩い坂道を登ります。
20161107_0011.jpg 

杉林がきれてきます。
20161107_0012.jpg 

杉林が切れた所で砂防堰堤の上に出ました。
20161107_0013.jpg 

砂防堰堤。
20161107_0014.jpg 

ここから沢まで少し下ります。
20161107_0015.jpg 

沢の前まで下ったら、沢の左側(西側)の緩い坂道を登って行きます。
100mちょっと進んでから沢を跨ぎます。
20161107_0016.jpg 

沢を跨いでからは急登になります。
道を塞いでる直径50cmも有る太い倒木も切って処理されてました。
20161107_0017.jpg 

百石清水まで来ました。
20161107_0018.jpg 

美味しそうな清水ですが、私は体質的に山の水は合わないので飲めません。
20161107_0019.jpg 

尾根に近づいて来ました。
20161107_0020.jpg 

あと少しで尾根に出そう。
20161107_0021.jpg 

尾根に上がりました。
20161107_0022.jpg 

山頂は左手になります、ここからは尾根道歩きですが結構急登です。
20161107_0023.jpg 

ブナの林が続きます。
20161107_0024.jpg 

明るいブナ林です。
20161107_0025.jpg 

更にブナ林は続きます。
20161107_0026.jpg 

正面向いて撮ってるので傾斜感がつかめませんね。
20161107_0027.jpg 

細いブナも太いブナも有ります。
20161107_0028.jpg 

山梨の木のプレートが架かった木。
20161107_0029.jpg 

横を撮るとこんな傾斜です。
20161107_0030.jpg 

ブナの林が開けたと思ったら展望台到着でした。
左手に横川ダム、正面に飯豊連峰が広がってます。
20161107_0031.jpg 

横川ダム。
20161107_0032.jpg 

ズームしてみましたが霞んでてはっきりは見えません。
20161107_0033.jpg 

ダムの下にも建物が、付帯設備でしょうね。
20161107_0034.jpg 

飯豊は真っ白に冠雪してます、梅花皮小屋も見えてるのですが分かりづらいかな。
20161107_0035.jpg 

鉾立とえぶり差し。
20161107_0036.jpg 

記念写真など撮ってみる。
20161107_0037.jpg 

展望台から山頂へ向かったが、どこが頂上か広くて分からない。
20161107_0038.jpg 

三角点が見つからない、この辺でも無い様だし
20161107_0039.jpg 

ここも違うかな~
20161107_0040.jpg 

結局、三角点が見つからない。
20161107_0041.jpg 

諦めて、展望台まで戻って腹押さえのパンをほうばりながら景色を堪能する。
20161107_0042.jpg 

30分ほどのんびり過し展望台におさらばし、下山を開始する。
20161107_0043.jpg 

右を見て 下る。
20161107_0044.jpg 

左を見て 下る。
20161107_0045.jpg 

山梨の木が見えて来た。
20161107_0046.jpg 

逆光で名前プレートが読みずらい。
20161107_0047.jpg 

太いブナの木を記念撮影。
>20161107_0048.jpg 

尾根道から下りる。
しばらく下った所で見た、不思議な枝の出方をした木。
20161107_0049.jpg 

ぐんぐん下って、沢を跨ぐ所まで来た。
20161107_0050.jpg 

砂防堰堤が見えて来た。
20161107_0051.jpg 

投射光の紅葉がきれいだ。
20161107_0052.jpg 

20161107_0053.jpg 

20161107_0054.jpg 

20161107_0055.jpg 

砂防堰堤の道に戻って来た。
20161107_0056.jpg 

駐車場の一段上の広場はグランドゴルフ場になってるんですね。
20161107_0057.jpg 

駐車場到着。
20161107_0058.jpg 

どうやら今日の百石山の登山者は私1人だけだった様です。
登りは約2時間 下りは約1時間

綱木の兜山の始めの広い林道が終わった所からスタートする様な感じの山でした。
展望台までは遠くの展望はほとんど無いですが、ブナ林は素敵な山でした。
道の刈り払いがされてない時に迷わずに登れるかどうかは自信ありません。

おわり

tag :

2016-10-15 斜平山峰渡りの道の植物、主に樹木の調査。

2016年10月15日(土) 米沢生物愛好会の月例会で
愛宕山山頂から斜平スカイツリーまでの散策路に添って
目に付き易い植物、主に樹木に絞って調査して来ました。

今日は調査なので山頂下広場まで車上りました、この坂を上ると愛宕山頂です。
20161015-001 

まずは愛宕神社に参拝します。
20161015-002 

山頂からの展望 その一
20161015-003 

山頂からの展望 その二
20161015-004 

愛宕山頂から斜平スカイツリーまでの道添いの植物を調査しました。
植物の写真はページ下に名前順にまとめてみました。

斜平スカイツリー到着です。
20161015-005 

休憩の準備中?
20161015-006 

とりあえず、記念写真。
20161015-008 

斜平スカイツリーから大荒沢・飯豊連峰の展望です。
20161015-009

以下、今日調査した植物の写真
植物の名前は、聞き間違いや勘違いで間違ってるのが有るかも知れません。
間違いが有ったらお許し下さい、間違いをご指摘頂ければとてもありがたいです。

アオダモ
アオダモ4354 

アズキナシ
アズキナシ4352 

オオバボダイジュ
オオバボダイジュ4361 

オニグルミ
オニグルミ4369 

カスミザクラ
カスミザクラ4340 

コシアブラ
コシアブラ4342 

シロヤマギク
シロヤマギク4325 

タニウツギ
タニウツギ 

タムシバ
タムシバ4343 

ナラガシワ
ナラガシワ4365 

ハウチワカエデ
ハウチワカエデ4363 

ハクサンボク
ハクサンボク4357 

ヒトツバカエデ
ヒトツバカエデ4355 

ブナ
ブナ4346 

ベニイタヤ
ベニイタヤ4378 

マルバマンサク
マルバマンサク4332 

ミズナラ
ミズナラ4330 

ミヤマガマズミ
ミヤマガマズミ4335 

ヤマウルシ
ヤマウルシ4331 

ヤマグリ
ヤマグリ4337 

ヤマナラシ
ヤマナラシ4338 

ユズリハ
ユズリハ4359 

リョウブ
リョウブ4334 

レンゲツツジ
レンゲツツジ4351 

今回の写真は以上です。

tag :

2016-10-02 デコ平湿原(裏磐梯)観察会


10月2日 月例会で裏磐梯に在るデコ平湿原の観察会を行いました。
参加者は20名、マイクロバス使用 昼食持参。

デコ平湿原観察会案内図
 20161002-001 
行く途中白布峠で米沢方面に雲海が見えました。
左側の奥の山は蔵王山、右側は天元台。
20161002-002 

天元台を少しズームイン。
20161002-003 

蔵王山側も少しズームイン。
20161002-004 

グランデコセンターゴンドラ山麓駅到着。
20161002-005 

西大巓山頂付近。
20161002-006 

20161002-007 

ゴンドラに乗り込みます、前向きに3人後ろ向きに3人計6人乗りでした。
20161002-008 

20161002-009 

ゴンドラ山頂駅到着。
20161002-010 

先に到着してた団体が出発して行きました。
20161002-011 

ゲレンデから磐梯山が見えてます。
20161002-012 

我々グループも出発です。
20161002-013 

素晴らしい青空になって来ましたよ。
20161002-014 

20161002-015 

20161002-016 

20161002-017 

20161002-018 

20161002-019 

20161002-020 

ビューポイントに来ました。
20161002-021 

磐梯山のガスが晴れてきました、左の櫛が峰はガスの中です。
20161002-022 

20161002-023 

20161002-024 

20161002-025 

20161002-026 

樹木札がバネで取り付けられてる、雪が積もっても大丈夫かな?
20161002-027 

20161002-028 

20161002-029 

20161002-030 

20161002-031 

ここの木歩道は上を水が流れてます。
20161002-032 

20161002-033 

湿原を周回してきました、休憩です。
20161002-034 

20161002-035 

20161002-036 

20161002-037 

何を見付けたのかな?
20161002-038 

湿原の中を流れる小さな沢。
20161002-039 

大きな木に大きなきのこがいっぱい。
20161002-040 

びっしり出てる。
20161002-041 

山頂駅手前の広いゲレンデ脇の木陰で昼食。
20161002-042 

二つ並んで反射して光ってるのは、多分弘法清水小屋と岡部小屋の屋根だと思われます。
逆光の為、山肌の色はほとんど出てません。
20161002-043 

昼食を終え山頂駅に向かいます。
20161002-044 

山頂駅前に到着します。
20161002-045 

記念写真、二人で撮影してたのでタイミングが悪く、カメラ目線がバラバラでした。
20161002-046 

下りのゴンドラからの景色、安達太良山も見えてます。
20161002-047 

山麓駅到着、ゴンドラがすれ違うところを撮ってみました。
20161002-048 

予定以上の好天気に恵まれた観察会でした、デコ平にさよならです。
20161002-049 

帰りに寄った「道の駅裏磐梯」にクラシックカーが集まって来てました。
20161002-050 

おわり

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。