FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント:(-) トラックバック:(-)
tag :

2011-08-28 西吾妻の梵天岩から天狗岩までトレッキング

 今年初めての西吾妻、梵天岩から天狗岩までトレッキングしてきました。

今日はネイチャーフロント米沢の弥兵衛平植生復元事業の行事があり
出発のロープウェイから大凹・人形石分技までご一緒させて頂きました。

   尚 今回は登っていませんが、西吾妻山々頂について 
   西吾妻山の山頂は広くなだらかな山の頂上で、周囲を潅木に囲まれいて、全く展望は有りません。
 
リフトを降りてから 天狗岩までは 距離片道 約2.7km 標高差 約185m 
往復の累積標高差は 登り 約450m 下り 約450m と なります。
20110828-01
 
左下:ネイチャーフロント米沢の出発前の様子を1枚、ミーティング中のようです。
右下:ネイチャーフロント米沢の途中の登山道の放射線測定の様子。
20110828-11 20110828-21

人形石・大凹分技でネイチャーフロント米沢の方々とお別れしました。
大凹への道をしばらく進むとやがて目の前に大凹の大パノラマが広がります。
20110828-31 

大凹の木道を過ぎると水場があり、それから先はしばらく潅木帯の中を通る急な岩場道となります。
急な岩場道を15分くらい登ると潅木帯を抜け、また湿原の続くなだらかな登りになります。

左下:岩場道を登って潅木帯から抜けるあたりで振り返ると中大巓の通ってきた道が見えます。
右下:これから登る梵天岩まで、湿原のなだらかな登りが続きます。
20110828-32 20110828-33

左下:梵天岩に近づいてきました、天狗岩や西吾妻山に行くには、この梵天岩を越えて行くことになります。
右下:梵天岩の東端に立って、登って来るツアーの方を撮らせてもらいました。
    この梵天岩の東端の場所はルートから少し外れてますので、ほとんどの方は気付かず通り過ぎます。
20110828-35 20110828-36

梵天岩の東端からの絶景、木道の登山道と地塘とお花畑です。
今日はガスで遠くの山が見えませんが 、ここから見える
トップの写真の様な 中大巓~一切経~安達太良山の大パノラマが見たくて何度も登ってます。
20110828-51 

左下:の写真は同じく梵天岩の東端から見える中大巓の展望です。
   画面の左端付近(肩部の下がったところ)が、かもしか展望台になります。
   かもしか展望台から中腹の道を右に進んで分技まで来て、登ると人形石、下ると大凹に行きます。
   大凹に下りた所から右上に伸びる人形石への道は荒廃が激しいので、現在は進入禁止になってます。
右下:左の写真の大凹へ下りてくる階段のところをズームアップしてみました。
20110828-52 20110828-53

左下:木道の南側に広がる湿原の地塘とお花畑。
右下:左の写真の、左奥の地塘をズームアップしてみました。
20110828-54 20110828-55

梵天岩をあとにして高低差のない山道を15分ほど歩くと天狗岩の吾妻神社に着きます。

左下:梵天岩で会ったツアーの方達が吾妻神社に参拝し西吾妻山に向かいます。
   神社の屋根に天狗様のように身軽な人がスルスルと登っていきノボリを付け直してました。
右下:早めの昼飯を食べてたら、先ほどのツアーの方達が、西吾妻山へ登って行くのが見えました。
20110828-61 20110828-62

昼飯を食べ終わった頃ガスが晴れて、西大巓とその北側に張り出した尾根(地図の空色太線の所)が見えました。
ここ天狗岩からは、ガスが無ければ 飯豊連峰・朝日連峰・蔵王連峰と米沢市街の眺望が得られます。
20110828-71 

左下:西大巓の登山道です、人も小さいですが見えてます。
右下:北側に張り出した尾根水たまりが見えますが地塘でしょうね、錦平の正面に見える1番高い尾根です。
20110828-72 20110828-73

今日は天気のせいか足の調子が不十分か分かりませんが、西大巓に登って帰るには少し時間が足りなかったので
無理をせず、ここ天狗岩で30分くらい のんびり過ごし ゆっくりペースで下山しました。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tanohino.blog.fc2.com/tb.php/9-34c81039

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。