スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント:(-) トラックバック:(-)
tag :

2016-11-07 百石山(小国町伊佐領)に登ってみました。

2016年11月07日 今日は朝から素晴らしい快晴。
こんな日は山に登りたい。
そこで先日、飯豊朝日連峰の登山者情報で見て気になっていた山
10月25日小国山岳会の方達により登山道の刈り払いがされた
小国町伊佐領の百石山に登ってみることにしました。

飯豊朝日連峰の登山者情報
第2002号 2016年10月25日 百石山の刈払い 
 
行く前に、こちらのページも参考にさせて頂きました。

新潟県村上岩船の登山サークル
山賊会さんのページ 秋の百石山598m

20161107_0001 

展望台クリックから見る飯豊連峰は白くなってました。
(クリックで拡大なります、拡大画像の左上の矢印入りのアイコンでより拡大 画面ダブルクリックで戻ります。)
20161107_0002 

伊佐領駅 なかなか格好良い駅舎です。
車で行ったので直接関係は無いのですが、評判が良い駅舎なので見て来ました。
20161107_0003 

駅前から正面に百石山が見えてます。
20161107_0004 

旧小国町立伊佐領小学校跡地で、左手から回り込んで上ると駐車場になります。
20161107_0005 

門柱にしっかり名盤が残ってます。
20161107_0006 

砂防堰堤用に整備された道路でしょうか、初めはこの道路を登って行きます。
20161107_0007 

少し行くと左手に導標柱が見えてきました。
20161107_0008 

最初の導標柱から左に入っていきます。
20161107_0009 

次の導標柱で右に行きます、
20161107_0010 

しばらく杉林の中の緩い坂道を登ります。
20161107_0011.jpg 

杉林がきれてきます。
20161107_0012.jpg 

杉林が切れた所で砂防堰堤の上に出ました。
20161107_0013.jpg 

砂防堰堤。
20161107_0014.jpg 

ここから沢まで少し下ります。
20161107_0015.jpg 

沢の前まで下ったら、沢の左側(西側)の緩い坂道を登って行きます。
100mちょっと進んでから沢を跨ぎます。
20161107_0016.jpg 

沢を跨いでからは急登になります。
道を塞いでる直径50cmも有る太い倒木も切って処理されてました。
20161107_0017.jpg 

百石清水まで来ました。
20161107_0018.jpg 

美味しそうな清水ですが、私は体質的に山の水は合わないので飲めません。
20161107_0019.jpg 

尾根に近づいて来ました。
20161107_0020.jpg 

あと少しで尾根に出そう。
20161107_0021.jpg 

尾根に上がりました。
20161107_0022.jpg 

山頂は左手になります、ここからは尾根道歩きですが結構急登です。
20161107_0023.jpg 

ブナの林が続きます。
20161107_0024.jpg 

明るいブナ林です。
20161107_0025.jpg 

更にブナ林は続きます。
20161107_0026.jpg 

正面向いて撮ってるので傾斜感がつかめませんね。
20161107_0027.jpg 

細いブナも太いブナも有ります。
20161107_0028.jpg 

山梨の木のプレートが架かった木。
20161107_0029.jpg 

横を撮るとこんな傾斜です。
20161107_0030.jpg 

ブナの林が開けたと思ったら展望台到着でした。
左手に横川ダム、正面に飯豊連峰が広がってます。
20161107_0031.jpg 

横川ダム。
20161107_0032.jpg 

ズームしてみましたが霞んでてはっきりは見えません。
20161107_0033.jpg 

ダムの下にも建物が、付帯設備でしょうね。
20161107_0034.jpg 

飯豊は真っ白に冠雪してます、梅花皮小屋も見えてるのですが分かりづらいかな。
20161107_0035.jpg 

鉾立とえぶり差し。
20161107_0036.jpg 

記念写真など撮ってみる。
20161107_0037.jpg 

展望台から山頂へ向かったが、どこが頂上か広くて分からない。
20161107_0038.jpg 

三角点が見つからない、この辺でも無い様だし
20161107_0039.jpg 

ここも違うかな~
20161107_0040.jpg 

結局、三角点が見つからない。
20161107_0041.jpg 

諦めて、展望台まで戻って腹押さえのパンをほうばりながら景色を堪能する。
20161107_0042.jpg 

30分ほどのんびり過し展望台におさらばし、下山を開始する。
20161107_0043.jpg 

右を見て 下る。
20161107_0044.jpg 

左を見て 下る。
20161107_0045.jpg 

山梨の木が見えて来た。
20161107_0046.jpg 

逆光で名前プレートが読みずらい。
20161107_0047.jpg 

太いブナの木を記念撮影。
>20161107_0048.jpg 

尾根道から下りる。
しばらく下った所で見た、不思議な枝の出方をした木。
20161107_0049.jpg 

ぐんぐん下って、沢を跨ぐ所まで来た。
20161107_0050.jpg 

砂防堰堤が見えて来た。
20161107_0051.jpg 

投射光の紅葉がきれいだ。
20161107_0052.jpg 

20161107_0053.jpg 

20161107_0054.jpg 

20161107_0055.jpg 

砂防堰堤の道に戻って来た。
20161107_0056.jpg 

駐車場の一段上の広場はグランドゴルフ場になってるんですね。
20161107_0057.jpg 

駐車場到着。
20161107_0058.jpg 

どうやら今日の百石山の登山者は私1人だけだった様です。
登りは約2時間 下りは約1時間

綱木の兜山の始めの広い林道が終わった所からスタートする様な感じの山でした。
展望台までは遠くの展望はほとんど無いですが、ブナ林は素敵な山でした。
道の刈り払いがされてない時に迷わずに登れるかどうかは自信ありません。

おわり

スポンサーサイト
tag :
コメント:
綱木の兜山というと、いつも市内のほうから南原の我が家へ自転車で向かうときに見ていた山です。
独特の形をしてますよね、兜山!。
わたしは、あの山は何て言うの?と母に聞いたとき、母がすかさず「兜山」だよって
教えてくれた日のことが今でもありありと目に浮かびます。
あれは小学5年のころだったかな。
あの兜山に登られてるんですね。
わたしにとっては、遠いあこがれです、今でも^^。
また雪の米沢の山々を
お知らせください。
2017年もよき年になりますよう。
[2016/12/26 08:02] | 天安 | [edit]
天安さま コメントありがとうございます。
兜山は体が登れる内は、最低でも年に一回は登ってみたいと思っています。
今年は5月3日に登りましたが、この一回だけになってしまいました。
この時のブログはまだ載せてませんが
何か今年はバタバタと気忙しくブログもHPも更新が遅れっぱなしでした。
もう暫らくすれば多分落ち着いてくると思いますので
過去の未記載分を秘かに更新しようかなと考えてます。
今年中は幾度もコメントを賜りまして本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
[2016/12/26 22:10] | しおからとんぼ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tanohino.blog.fc2.com/tb.php/87-c4307ca9

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。