スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント:(-) トラックバック:(-)
tag :

2011-06-13 うこぎ垣と赤崩山を訪ねて

     うこぎ垣と赤崩山を訪ねて     米沢生物愛好会 6月例会



20110612-00map


6月12日   晴
参加者16名 車両5台

コースの概略

ヤマザワ前から環状線バイパス
白布街道に出て南進
杉の目のコンビニ角を東に進み
興譲館高校前を通過して
直ぐの十字路を粕平方面に右折南進

石垣町を通って赤崩橋袂の駐車場
お入り水堰
赤崩分校
赤崩山
直江提公園
直江石提の碑
蛇堤
芳泉町
通町うこぎ農園
左 出発前の会長のご挨拶と今日の予定の説明。

右 直江石提の上流部、赤崩橋の袂の駐車場に最初の駐車
20110612-01 20110612-02

カモガヤ                                 ブタナ
20110612-03 20110612-04
他に 河川敷には ヤナギ、ニセアカシア、サワグルミなど、堤防の道端には タチイヌノフグリ、ツルキキョウなども目立つ

御入り水堰                                堰の後ろ側
20110612-05 20110612-06

登り口の、旧関根小赤崩分校                    案内板
20110612-07 20110612-08

登り口                                   よいしょ!よいしょ!
20110612-09 20110612-10

坂の途中 後ろを振り返ると市内が見える。            赤崩山の史蹟跡
20110612-13 20110612-14

隣の山の麓に段々畑が...休耕田?               史蹟から少し上に行って眺める
20110612-15 20110612-16

もう少し登ってみる。                          松川の様子が良く見える。
20110612-17 20110612-18
この赤崩山で観察できた植物 マツ、ツツジ、ツルリンドウ、コナラ、ノイバラ、タケニグサ、クマイチゴ、タカノツメ、ハイイヌツゲ、ナツハゼ、アオハダ、ウマキリ  やや酸性土によく見られる植物が多い。


直江提公園
20110612-19

直江提公園に有る案内板                       アオヤギソウ
20110612-19-B 20110612-19-C 
 
シナノキ                                  シナノキの種?
20110612-20 20110612-21
 
直江石提の碑とうしろ石提                       石提の石の種類と石組みなどを調べてる。
20110612-22 20110612-23 

石にはり付くコケ                サツキイチゴ                 ベンケイソウ
20110612-24 20110612-25 20110612-26 

蛇堤(へびづつみ)に向かい、植生などを観察する        左側の石組が蛇堤
20110612-27 20110612-28


芳泉町のうこぎの垣根の生育状況などを調査する。       曲がり屋の武家屋敷 
 20110612-30 20110612-31 

通町に在る「うこぎ農園」へ みごとなうこぎ 垣根のうこぎと違って自立してる。
  

20110612-32

石栗会長名の畝でうこぎ摘みをする。 各自、ポリ袋にいっぱい摘み取って、おみやげに頂く。  
20110612-34 20110612-35

うこぎ摘みの後、傍の空き地で昼食・歓談後 PM1:00現地解散する。

スポンサーサイト
tag :
コメント:
なかなか良く、まとまってますね。
これなど生物愛好会のホームページからリンクさせてください。
[2011/07/28 11:36] | まちりの | [edit]
リンクですが、今のところ試行錯誤の途中です。
表示が乱れたり、リンク切れ等になるかも知れません。
それでも、かまわなければリンクして下さい。
[2011/07/29 17:39] | しおからとんぼ | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tanohino.blog.fc2.com/tb.php/4-0a0de57d

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。