FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント:(-) トラックバック:(-)
tag :

2014-03-20 スノーシュー壊れ 修理 再生

以前に譲ってもらってしまっておいたスノーシューを、久しぶりに取り出してみたら
あららぁ~ しまう時は何とも無かったのに、樹脂製のバックル部分がパカッと壊れてました。
これが話しに聞いてた経年による加水分解という現象なんでしょうね。
20140320-01 

でも、バックル部分以外はまだしっかりしてるので、お払い箱にするには勿体無いので
かんじきの様に紐で靴に縛り付けて何とか使えないかと細工してみる事にしました。
で... ああでもない、こうでもないと色々やってる内 こんな感じになりました。
20140320-02  

紐の結び方は、また ああでもない、こうでもないといろいろ試してみましたら
↓の様な感じで紐の両端を上で結べば大丈夫の様でした。
 20140320-03

結んだ状態です。
 20140320-04

ある暖かい朝、カンカン渡りは無理との判断から、スノーシューを持って田圃目差して散歩に出掛けました。
田圃に上がってみると、案の定ツボ足ではズブズブ抜かってしまいます。

さっそく修理・再生したスノーシューのテストを兼ねてスノーシューを履いて歩いてみました。
短足の見苦しい写真で済みません、こんな塩梅で歩きました。
20140320-05

田圃の真ん中頃まで来ましたが、スノーシューの履き具合は良好です、紐も緩みません。
間もなく田圃を渡り切りました、この田圃の向うからこちらまで横断して来ました。
20140320-10

見掛けはあまり良くないでしょうが、暫らくはこれで使えそうな足答えでした。

参考までに

壊れたバックルを取り外すには、ディスクグラインダーで留めのアルミリベットの頭を削り取ります。

青いバンドは50mmφのサニーホース(排水ホース)を4分割して使用しました。
バンドと紐の連結部の金具は針金の10番線に細い透明ビニールホースを被せて加工しました。
10番線の針金を切断するにはボルトクリッパーなどが有ると作業し易いです。
バンドのネジ穴は百均のベルトポンチを使いました。

バンドの前側の留めは トラスネジ6mmφ×30mmとそのワッシャ・ナット組を4組 と
バンドの後側の留めは トラスネジ4mmφ×25mmとそのワッシャ・ナット組を6組 使いました。 
ネジを締めてナットからはみ出した部分は切らずにそのままにしておきました。
尚、ナット脱落防止の為、ねじ山の最後の部分の2山か3山を軽く潰しておきました。

縛り紐は トラロープ6mmφ×2mを2本用意しました。
材料代は、針金の計り売りは無いので手持ちが有れば、外は合わせても1,000円位でしょうか。
サニーホースと透明ビニールホースはホームセンターで計り売りしています。


関連情報として
シーカヤック・メモランダム 様の ホームページに
スノーシューの崩壊
http://tukara.way-nifty.com/blog/2014/02/post-c94f.html
の記事がありました。

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tanohino.blog.fc2.com/tb.php/36-69b78176

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。