FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント:(-) トラックバック:(-)
tag :

2012-05-27 豪士山

2012年5月27日 豪士山に登ってきました。
 
豪士山 花の沢コース 単独・ピストン

下の案内図は高畠町観光協会 とだちゃんブログ の
豪士山・駒ケ岳コースのご案内 をお借りしました。 

20120527-18 
 
下はGPS ( GARMIN etrex10J ) の軌跡です。 
緑が行き、赤が帰りで同じ道を通ったのですが、何故かずれてます。
GPSを左肩につけてたので、体の向きでMSAS補正がONになったりOFFになったりしたのでしょうか? 
20120527-19 

コースの感じをカシバードで描いてみました。
20120527-20   

元宮キャンプ場前の案内板、ここから更に500mほど進むと豪士山登山口があります。                    
車と車の間の奥に登山口の道標が見える、車は3~4台の駐車ができそうです。
20120527-01 20120527-03

登山口道標の袂の小さな沢を越え、杉林のなかを少し進むと登り口になります。
登り始めてしばらくは急登が続きますがジクがうまく切られていて思ったより楽に登れました。
ジグが終わると間もなくの露岩地、登山道脇の木立の間からは駒ケ岳が見えてます。
20120527-04 20120527-05

露岩地からピーク752迄は比較的なだらかな登りが続きます、展望はほとんど無しです。
ピーク752を過ぎると山の南斜面の中腹を横切る道となり、所々に足元が不安定な道が有ります。  
次第に沢の音が大きくなり道と沢が接する所に豪士水止まりの道標が立ってました。
水止まりとは何でしょう? これより上は水が無いと言う意味でしょうか。
20120527-06 20120527-07

水止まりからまた急登、しばらくしてやっと尾根にでました、振り返ると高畠の町が一望できます。
尾根道をしばらく進むと豪士峠の道標が、左に折れると中の沢方面へ、真っすぐ進むと豪士山です。
20120527-08 20120527-09 

この道標 近づいてみると、これは恐い ガリガリ ボリボリ 熊が道標をおもちゃにしてるようですぞ
20120527-10   

豪士峠の道標から真っすぐ南に平坦な尾根道をしばらく進むと豪士山頂が見えてくる 。
山頂へは少し左にまいて東側から登るコースになっている、山頂迄の標高差は40m位距離は100mほど。
登って直ぐに距離にして20m程残雪渡りとなっていた、残雪を越え程無く視界が広がり山頂へ出る。
山頂では先客がくつろいでました。
20120527-11 20120527-12

山頂の道標をバッチリズームしておく。
20120527-13 

今日は雲は出てないが水蒸気が多くて、残念ながら期待していた望遠はきかずでした。
透明度が良ければ下のカシバード図の様な壮大なパノラマの展望が期待できたのでしたが
これだけはどうにもなりません、いつか又機会が有ったらのお楽しみにという事で...。
20120527-14 

南方面の吾妻連峰は何とかカメラに収まりました。
こちら東側からの吾妻連峰は初めて見ましたが、想像以上に平坦に見える山容に認識を新たにしました。20120527-15 

頂上で昼食を摂り、展望を楽しみながら30分程休憩してから元来た道を下山しました。
 
コースタイム ( 70歳のゆっくりペースです。 ) 

登山口出発 9:05 → 露岩地 9:30 →P752 10:15 → 水止まり 10:50
        → 豪士峠 11:15 → 豪士山 11:35

豪士山出発 12:10 → 豪士峠 12:25 → 水止まり 12:40 → P752 13:00
        → 露岩地 13:30 休憩15分 →  登山口 14:05 

tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://tanohino.blog.fc2.com/tb.php/20-ecac9e45

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。