FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2019-04-29 新緑の斜平山ハイキング

2019-04-30
2019年04月29日 里山愛好会主催の「新緑の斜平山ハイキング」が 催されました。
参加者と関係者含めて総勢約60名ほどでした。

午前8時30分 地蔵園に集合
20190429-01.jpg

里山愛好会の鈴木與右エ門代表の開会あいさつに続いて、講師石栗正人先生のあいさつです。
20190429-02.jpg 

出発です。
20190429-03.jpg 

道中、石栗先生から植物の解説を受けます。
20190429-04.jpg 

20190429-05.jpg 

月山です、今日は登山道から山々が良く見えます。
20190429-06.jpg 

蔵王山です、だいぶ雪が消えてます。
20190429-07.jpg 

愛宕山の山頂に到着です。
20190429-08.jpg 

石栗先生が桜の木の説明をされてます。
20190429-09.jpg 

斜平山の地質や地形などについても解説して頂きました。
20190429-10.jpg 

斜平スカイツリーに到着です。
20190429-11.jpg 

20190429-12.jpg 

20190429-13.jpg 

三体連山、マッターホルンの様な祝瓶山、大朝日岳の朝日連峰が綺麗に見えます。
20190429-14.jpg 

飯豊連峰は未だ真っ白です。
20190429-15.jpg 

米沢盆地。
20190429-16.jpg 

代表何してるの?、記念写真を撮る為カメラのセットをしてるところでした。
20190429-17.jpg 

記念写真を撮って貰ってます。
20190429-18.jpg 

ちょつと離れた所から、斜平スカイツリーで休憩中の参加者の皆さん。
20190429-19.jpg 

ズームしてみました、これだけの人数だと斜平スカイツリーも狭くなりますね。
20190429-20.jpg 

景色を堪能して斜平スカイツリーともお別れして戻ります。
20190429-21.jpg

ユキツバキ
20190429-22.jpg

タムシバ
20190429-23.jpg

オクチョウジザクラ
20190429-24.jpg

クロモジ
20190429-25.jpg

ちょっと見なめこみたいな、よく見ると全然違う 名前不明のキノコ。
20190429-26.jpg

もうじき愛宕山山頂です。
20190429-27.jpg

山頂に戻って来ました。
石栗正人先生はここで皆さんとお別れして、山頂直下の駐車場迄下り車でお送りさせて頂きました。
20190429-28.jpg

この後、参加者は愛宕山荘で豚汁を頂きながら昼食を食べました。
山荘の中は満員で一部入りきれなかった人は外で豚汁を頂きながらの昼食となりました。
20190429-29.jpg

昼食の後は自由解散、子供さんたちはシイタケ菌打ち体験をして解散となりました。
20190429-30.jpg

愛宕山荘前からじっくり市内を眺めてから地蔵園の駐車場まで下り家路につきました。
20190429-31.jpg

素晴らしい天気に恵まれ、とっても楽しいハイキングでした。

おわり。
スポンサーサイト
tag :

2019-03-19 高畠駒ヶ岳~残雪を踏みしめて。

2019-03-20
高畠の駒ヶ岳 未だ登った事が無かったので歩ける内に一度は登ってみたいと思ってました。
そんな時毎年残雪期にこの駒ヶ岳に登られてるマタギの riki さんが今年も登られるとの事で
ご一緒させて頂けないかお願いしたらOKして連れてって頂ける事になりました。

ご一緒させて頂いたメンバーは 
マタギの riki さん 紅一点 U さん 埼玉の K さん と 私の4人です。

コースは西信濃沢の林道の途中から夏道は無い枝尾根に取り付き登り切って長い主尾根に乗ります。
長い長~い主尾根を登り切ると駒ヶ岳山頂
です。
絶好の良い天気に恵まれた山頂で景色を堪能しながらの昼食です。
昼食の後、稜線を伝ってピーク1からピーク2まで進みそこから夏道に沿って尾根を下ります。
沢筋の道まで下り更に登る時通った道まで下りスタート地点まで戻ります。

GPSの軌跡データをカシミール3Dに取り込んでみました。
20190319-01B.jpg 

同じくカシミール3Dで上の軌跡を 距離-高度 のグラフにしてみました。
20190319-02B.jpg 

豪士山登山口前で車を降り、西信濃沢の林道へ進みます。
20190319-03.jpg 

しばらく西信濃沢の林道を進みます。
20190319-04.jpg 

ひかば越えと西信濃沢の分技。(?たぶん)
20190319-05.jpg 

更に西信濃沢の林道を進みます。
20190319-06.jpg 

20190319-07.jpg 

底雪崩のデブリ。
20190319-08.jpg 

デブリの下を通ります、上の雪は全て落ちてるので大丈夫です。 
20190319-09.jpg 

主尾根につながる枝尾根に取り付きます、左側に見える沢。
20190319-10.jpg 

右側に見えるピーク1とピーク2、山頂はピーク1の左で林の影になってて見えません。
20190319-11.jpg

取り付いてしばらくは急登です、正面向いて撮っても感じが分からないので右側を写すとこんな斜面です。
20190319-12.jpg 

主尾根に乗りました 月山が見えます、その右に霞んで村山葉山みえてますが写真では分かりませんね。
20190319-13.jpg 

ズームしてみましたがどうでしょう? 見える人には見えるかも。
20190319-14.jpg 

長~い 主尾根を登ります、本当に長いです。
20190319-15.jpg 

なだらかに見える長い尾根、歩いてみると山頂近くなどは結構急。
20190319-16.jpg 

ようやく山頂到着です。
20190319-17.jpg 

正面に七ツ森。
20190319-18.jpg 

その右に栗子の山、右の林の奥は吾妻連峰。
20190319-19.jpg 

もう一度蔵王連峰と右手前木枝の後ろの三角おむすび形の山の直ぐ後ろに続くのが豪士山。
20190319-20.jpg

山頂を後にしてピーク1に向かいます。 
20190319-22.jpg 

稜線歩き、ちょっとスリリングなところもあります。
20190319-23.jpg 

ピーク2も過ぎ尾根を下ります、結構急な下りです。
20190319-24.jpg 

山頂とピーク1。
20190319-25.jpg 

ピーク1とピーク2。
20190319-26.jpg 

午前中に登って来た、長い主尾根が見えて来ました。
20190319-27.jpg 

沢沿い迄下りて来ました。
20190319-28.jpg 

振り返るとピーク1が見えました。
20190319-29.jpg 

全員元気にスタート地点まで戻って来ました。
20190319-30.jpg 

車に乗って帰ります。
20190319-31.jpg 

コースタイムのグラフです。私の鈍足に合わせてゆっくり歩いて頂いたので時間が掛かりました。
20190319-32B.jpg 

rikiさん  U さん 埼玉の K さん 大変お世話になりました、ありがとうございました。 


参考 トラックデータをカシミール3Dのカシバードで描いてみました、この図では北は下になります。bird-koma-1track-MA.jpg 

参考 カシミール3Dのカシバードで描いた山頂から見た蔵王方面です。
bird-koma-2zaou.jpg> 

参考 カシミール3Dのカシバードで描いた山頂から見た吾妻方面です
bird-koma-3azuma.jpg 

参考 カシミール3Dのカシバードで描いた南西方向です。
市内の麓からは見えない山、檜原湖の西約3Kmの位置に在る高曽根山。
bird-koma-4takasone.jpg 

参考 カシミール3Dのカシバードで描いた朝日連峰です、手前の山は亀岡の文殊山。
bird-koma-5asahi.jpg 

おしまい。

tag :

2019-03-10 綱木 兜山 残雪を踏み踏み尾根を登る。

2019-03-11
残雪の尾根を踏み踏み登る 兜山登山に誘って頂き、ご一緒させて頂きました。

夏道の登り始めの途中から杉林に入り、林を抜けたら直ぐに尾根に取り付きます。
20190310-01.jpg

ここから出発です。
20190310-02.jpg 

橋の上には欄干と同じくらい雪が残ってます。
20190310-03.jpg 

奥の杉林を抜けて尾根に取り付きます。
20190310-04.jpg 

尾根に取り付きました、最初の内はかなりの急登です。
20190310-05.jpg 

広葉樹の中を登って行きます。
20190310-06.jpg 

樹の葉が無く透けて見えるので気持ち良いです。
20190310-07.jpg 

樹の名前を教えて頂いたのですが、何だったっけかな?
20190310-08.jpg 

熊棚。
20190310-09.jpg

写真では大した傾斜に見えませんが、急登は続きます。 
20190310-10.jpg 

横向いて撮るとこんな写真になります。
20190310-11.jpg 

大分高度も上がって、頂上が近くなって傾斜が緩くなって来ました。
20190310-12.jpg 

綱木川(烏川)ダムが見えて来ました。
20190310-14.jpg 

ズームインしてみました。
20190310-13.jpg 

あの辺は どこ?? などと。
20190310-15.jpg 

山頂から東鉢山。
20190310-16.jpg 

山頂から西大巓。
20190310-17.jpg 

山頂(写真奥の木の後ろ辺り)は風が冷たいので少し先(手前)の木立の影になる所まで進みます。
20190310-18.jpg 

大朝日岳の方向。
20190310-19.jpg 

朝日連峰~米沢市内~蔵王連峰。
20190310-20.jpg 

奥羽山脈~吾妻山系。
20190310-22.jpg
 
上の3枚をつないでパノラマにしてみました。
20190310-23.jpg 

大朝日岳ズーム。
20190310-24.jpg 

米沢市内ズーム。
20190310-25.jpg 

蔵王連峰ズーム。
20190310-26.jpg 

栗子の三角山ズーム。
20190310-27.jpg 

吾妻連峰。
20190310-28.jpg 

天元台ズーム。
20190310-29.jpg 

中大巓と右側稜線上の白い場所はカモシカ展望台ズーム。
20190310-30.jpg 

中大巓から西につながる稜線ズーム、天狗岩とその右側に西吾妻山の山頂がチラリ見えてます。
20190310-31.jpg 

西大巓ズーム。
20190310-32.jpg 

昼食を食べ、ゆっくり景色を堪能できました。
そろそろ下山します。
20190310-33.jpg 

山頂から北へ延びる稜線を覘いてみました。
20190310-34.jpg 

下りは腐れ雪でズルズルで写真を撮る余裕がありませんでした。
何度か尻餅をつきながら麓まで下りて来ました、「かぶとやまはし」が見えます。
20190310-36.jpg 

今日のコースタイムです、私がご一緒させて頂いてますので時間が掛かってます。
20190310-39.jpg 

今日は残雪の兜山、誘って頂いて 本当にありがとうございました。


山頂から高畠駒ヶ岳を見付けられなかったので、写真とカシバードの図を合わせてみました。
20190310-37.jpg 

ついでに北西側に見える山並みもカシミール3Dのカシバードで描いてみました。
20190310-38.jpg 

以上です。

おわり。 

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。